女性もキャッシングするんだもん! 審査基準

審査基準の内容とは

キャッシングするときに必ず通過しなくてはならないものがあります。
それがいわゆる審査です。

 

審査とはお金を貸してくれる会社が私たちにお金を貸していいか判断するための物です。
銀行でも消費者金融でもどこでもこの審査を通過しなくてはキャッシングすることはできません。
また貸す方も回収できる人、見込みのある人でなくては貸すことはできないでしょう。
審査でも人気がある銀行などもあります。
オリックス銀行の審査が人気があります。
銀行系は少々審査基準が厳しいという意見もありますが、オリックス銀行の審査は人気のようです。

 

 

ではその審査にはどのような基準があるのでしょうか?
今回はその基準内容について詳しく説明していきます。

 

審査ということもありかなり個人情報に迫ってくる内容になっています。
当然のように名前や生年月日、住所なども内容に含まれます。
ここで基準のポイントとなるのが住んでいるところがどんな形態であるかが一つの基準になります。
どのような意味かというと住んでいる家が持家であるのか、賃貸であるのか、また賃貸でもアパートなのかマンションなのか・・・などという点が基準になるのです。
やはりこのなかで基準として評価が強いものは持ち家です。
ただし女性の場合は特に持ち家という状態はなかなかないと思います。
旦那様や家族が持っている家族所有の持ち家という表現になるでしょう。
これでもOKです。
やはり持ち家は財産の一つですからね〜そこがポイントです。
そしてその家に何年住んでいるのかということも聞かれるでしょう。

 

そして次は職業です。
どんな勤務をどのような立場でしているかが基準になります。
この場合も一番いい評価をされるのは正規雇用であり、会社自体も大きく有名な会社、そして役職なんてあったら評価は絶大でしょう。
公務員など国が補償してくれる職業のかたもいいでしょう。
やはりパートやアルバイト、非正規雇用の場合は基準としてはクリアはするかもしれませんが、やはりそこまでの金額をキャッシングすることは見込めないかもしれません。
これまた女性の場合はなかなか正規雇用で働いているかたは少ないかなって思います。
ですが先にも述べたように基準に反することはないので通過できるでしょう。
しかしながら中にはパートやアルバイトを嫌がる消費者金融や銀行がありますので気を付けましょう。

 

そして何よりも重要な基準となるのが過去にキャッシング履歴があるかどうかという点です。
キャッシングをしていてもいいのですが、その返済状況が良好であるかどうかがポイントになります。
やはり過去であっても返済が滞っていたり、また今現在も他のキャッシングがあるなど複数になると審査通過に不利になります。
そうならないためにもお金の管理はしっかりした方がいいですね。

 

これらのことが審査基準となります。
審査基準が通過されると初めてそこでキャッシングできる金額が決まってきます。
自分の希望の金額に届くかはわかりませんが、キャッシングすることはできるでしょう。

 

またマル秘テクニックとして紹介したいのが2社同時に申し込む方法です。
というのも信用情報がキャッシング会社などで共有されています。
そのことで1社が落ちてしまって2社目を受けようとすると先での通過できなかったことがわかってしまい、ダメになってしまうことがあります。
そのためにも2社同時に申し込んでみるのもお勧めです。